さとりきねし

当サロンは、悟りに特化したキネシオロジーセラピーを提供します。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」の回答

f:id:satorikinesi:20170711151316j:plain

 正解は「敵は殺していい。味方は殺してはいけない。」

 

 江戸時代の仇討ちや国家や集団が犯罪者を死刑にできる「正当な」理由(権利?義務?)であり、戦争で敵兵や敵スパイを殺すことの理由でもある。

 

「なぜ自殺をしてはいけないか?」

と考えると、自殺したい人間が社会的に見て「敵」ではなく、味方の構成員の一人だから。(他にも理由はある。作物や家畜が勝手に死なれては困る。)

 

 より、正確に表現すると、

「個人や集団にとって生存に必要な、もしくは、邪魔になる存在は無条件で殺していい。」

というのが宇宙の基盤であり、生命や人間のルール。食べるために殺してよく、自分に危機を与える(可能性のある)ものの命を奪うのはOK。殺せない場合、追放。(「カルネアデスの板」では緊急避難という難しい理屈を唱えているが、本質をついている。)そして、その方針を無条件で推し進めた結果、害虫駆除、鳥インフルエンザ口蹄疫での大量殺生、抗ウイルス薬や抗生物質の大量服用と末期的な状況になってしまっている。なのにイルカは味方?

 

 また、歴史上何度も起こる虐殺のように、その民族の「敵」なら事件が起こるし、それを他の国が味方と判定すれば、国際問題になる。(敵でも味方でもないどうでもいいと思われた人々は無視される。)

 

 二元性の解放では「私とあなた」がテーマになるが、それの一種である「私と敵」を解き放つ。敵には感情的なしがらみやカルマが多く付随しており、あなたを重くしてしまう。

 

プロトコル「私の敵を解放」
意図「殺生にまつわる苦を解放する」
意図「敵を消す」

・殺生のエネルギー
・食べるために殺す、殺される
・生きるために殺す、殺される
・自殺した過去生
・成仏できない霊
・「殺してはいけない」「自殺してはいけない」などの命に関わる洗脳の解放
・呪い
・「敵なら無条件で殺して良い」という傲慢さ。エゴ。
・「私の」敵という自己同一化。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]