さとりきねしブログ

当サロンは、キネシオロジーによる多層多次元の身体への癒やしを提供します。

食べ物は5次元のエネルギーで構成されている

 「偶然が3度重なれば、それは偶然ではない。」と昔の人は言いましたが。

 

 気になっている漫画が積ん読になってまして、少し余裕ができたので、どれから順番に読めばいいか腕でチェックしたところ、

衛宮さんちの今日のごはん

深夜食堂

ラーメン大好き小泉さん

と、何故か食べ物ばかりです。一体何を伝えたいんだ???ということで、軽く調査してみます。

f:id:satorikinesi:20180301042441j:plain

 

 食べ物は「5次元のエネルギーで構成されている」と出てきました。

 f:id:satorikinesi:20180301042519j:plain

 具体的にどういうことかというと。

・コスモス存在体(4、5~6次元)
・コーザル真我体(5次元)
・メンタル思考体(5次元)
・アストラル感情体(5次元)
エーテル魂魄体(3~5次元)

 食べ物を消化することで我々は、気を補充し、感情を補充し、思考を補充し、我(自分)を補充し、存在を補充しているのです。そもそも、本質的には小ダマ(5次元)のエネルギーの一種である「信用」と「寿命」に直接働きかけているようです。


 なんかいろんなことが合点がいきました。江戸時代の観相家、水野南北は「食は運命を左右する」と喝破しています。

 

 また、いくら食べてもエネルギーが補充されない理由は、これらのエネルギーのいずれか(もしくは複数)が欠損しているのでしょう。食材自体にもこれらのエネルギー量の多少があるのですが、それ以上に(ハラール的な)処理手順や、料理人の有り様が料理のエネルギーを高めたり低めたりします。なので、母親の手料理が毒にも薬にもなります。

f:id:satorikinesi:20180301045722j:plain

 特に、大量生産がたいへん曲者です。1人の調理者が一度に管理できるエネルギーの量はおおよそ4人前で、それ以上一気に作るとエネルギー密度が薄まります。1人前ずつ丁寧に作ると問題はないのですが、お弁当を一気に10人前20人前とか作るとアウトです。給食が重大な問題にならないのは、子どもの本来のエネルギー量が高いためです。コンビニ弁当やスーパーの惣菜は論外です。

 

 5次元のエネルギーがない食事というのは、言い換えると3~4次元のエネルギーしかないのです。なので、気や存在は補充できても感情や思考が補充できないので、なんというか、それはゾンビみたいな状態です。現代人がテレビやゲーム、スマホなどの2次元に執着するのは、高次のエネルギーが不足しているからとも言えそうです。

f:id:satorikinesi:20180301050024j:plain

テーマ「5次元の食べ物」(5信用、5寿命、コスモス体、コーザル体、メンタル体、アストラル体エーテル体)

 

 この発見は小さくないです。テーマ「不食」にも影響を与えそうです。不食が成り立つために食べ物以外の5次元のエネルギーを摂取しているのでしょう。この辺は後日また調査します。

f:id:satorikinesi:20180301044737j:plain

ps.「衛宮さんちの今日のごはん」が読んでて安心するのは、士郎が丁寧に手をかけて料理しているからなのでしょうね。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]