さとりきねし

当サロンは、悟りに特化したキネシオロジーセラピーを提供します。

マヤズムと原始反射の統合

 ホメオパシーには「マヤズム」という概念があります。ギリシャ語の"miasma"で、直訳だと毒気、瘴気。沼地から出る毒霧が広がり汚染するイメージで、転じて不吉な空気なども。ホメオパシー創始者ハーネマンは我々の身体に地層のように重なっている過去の病気の抑圧を、疥癬マヤズム、淋病マヤズム、梅毒マヤズム、結核マヤズム、癌マヤズムと定義しました。

 

f:id:satorikinesi:20171217230111j:plain
マヤズム治療のための大事典

 

 このマヤズムの正体を探ろうと調査したところ、なんと原始反射と重なってしまいました。そして、スリーインワンの振る舞いのバロメーターとも一致する事態に。原始反射もマヤズムも無意識、潜在意識を扱っているので、重なってもおかしくはないんですけど。

 

???=疥癬マヤズム=分離感
恐怖麻痺反射=淋病マヤズム=麻痺
モロー反射=梅毒マヤズム=悲痛と罪の意識
バビンスキー反射=結核マヤズム=失う恐怖
脊髄ガラント反射=癌マヤズム=敵意

 

 これから推測するに、恐怖麻痺以前にエネルギーの低下や愛されていないという分離感の原始反射があるようです。仮に「エネルギー分離反射」と名付けてみました。

 

 さらに追調査。対象の身体はエーテル体が主で肉体が従。陰始の遺伝子が原因。27万年前のムルタム文明での原因不明の風土病が疥癬マヤズムそのものです。

 

ムルタムでは以前からずっと風土病のような不治の病が流行っていましたが、ここに来て全土に蔓延し始めていました。症状はこの病気にかかると体が黒くなり縮んで行き、枯れ死のような状態で為す術もなくバタバタと死んでいきます。(宇宙全史1 P383)

 

 ○○マヤズムというのをいくつも用意する必要はなさそうです。ソライナム(疥癬マヤズム)をきちんとヒーリングできれば、その後のマヤズムは解放されます。もちろん、原始反射は肉体レベル(神経の発達)でマヤズムはエーテル体レベルとの違いがあるのですけど、あえてこれを分離して施術しなくても良さそうです。

 

 f:id:satorikinesi:20171217231548j:plain

 ps.ホメオパシーを正式に勉強した身ではない浅学非才なのですけど、ウランのレメディは多分、疥癬マヤズムにヒットするはずです。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

ああ僕はどうして大人になるんだろう ああ僕はいつごろ大人になるんだろう

 問題を様々抱えている現代人類ですけど、最大の問題点は「幼い」ことです。

f:id:satorikinesi:20171216074001j:plain

 大人になりきれないエゴは、肉体だけ老化していく中、感情的にも思考的にも成長が不十分で経験を消化できないため、自身を混乱させます。そして、そこから発生するエゴが地球を穢します。

 

 「大人に成長できない」とは、一体どの身体が大人になっていないか調査してみたところ、それは「コーザル体」でした。で、どういう状態だとコーザル体が成長を止めてしまうか、条件を更に調査。

 

・真実がコーザル体を成長させる。嘘がコーザル体の成長を止めてしまう。

 

 コーザル体の有り様は「私は存在する(I am)」で、自覚できる自我の一番外側です。(実際の自分の境界は、もっと外側まで広がっていますが。)真実に直面し、真実を見て、真実を聴いて、それを真実だと理解したときに、自我が正常に成長し、大人になります。大人になるということは使えるエネルギーが増えて、さらに多く経験できようになります。

 

 しかしこれのせいで、ほとんどの人たちの人生難易度がベリーハードになってしまいます。真実をきちんと捉えられない要因が絡み合っています。

・自分の所属する集合魂が、そもそも思い込みや好みを持っていて、それに思いっきり左右される。出身星系の思想が当たり前すぎて、気がつかない。

・エネルギーがないと、真実を受け止めきれない。妄想に逃げてしまう。

・エネルギーのない人間は、情報の裏を取らずに安直に信じやすい。

・事実に対し、嘘・プロパガンタ・広告・悪意が混ざりすぎて、そこから真実を見出すのにエネルギーが要る。

 以上の理由から、エネルギーのない人間はますます真実から遠く置き去りにされます。

 

 マスコミュニケーションや学校教育は、いろんな意味で人類が大人になるのを阻害する原因の一つと断定できます。「詰め込み教育が悪い」という批判がありますが、より正確には「真偽を意図的に混ぜた教育が悪い」と言うべきなのでしょう。幼いままであることを正しいと信じてしまう社会が完成しつつあり、悪循環が止まりません。

 

f:id:satorikinesi:20171216074535j:plain

 

 精神的に成長するには、

・知覚を正常化すること。(正中線的アプローチ)

・全てを疑うこと。裏を取ること。裏が取れない場合は多角的な視点を持つこと。人の話、テレビ、ネット、新聞、本と適切な距離を取ること。(右の身体アプローチ)

・良心、気づきを大切にすること。(左の身体アプローチ)

 他にも、洗脳の解除、毒性物質の排除(=認識が歪む)、など必要かもしれません。

 

 さとりとは、真実との嘘(自分の妄想)との「差を取る」とはよく言ったものです。このへんも、もう少し思索を深めてからプロトコルとしてまとめていきたいと思います。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

地球の脱皮

 冬至が近いせいで、かなりシンドイです。

 

 人類がアセンションする、アセンションすると猫も杓子も叫びつつある今日このごろ、アセンションの主体は人間ではなく「地球」です。

 

f:id:satorikinesi:20171213193921j:plain

 夏至冬至のたびに地球がブルブルと震え、少しづつ姿を変えています。至点に達するまでの数日間は、地球の自我の範囲が不明瞭になります。それは「脱皮」に近いです。亀の歩みながら忍耐強く着実であり、無秩序な開発で傷ついた肉体を癒やし、その組成を変え、私達が知っている地球じゃないものへと変化しています。強いて言うなら「異界」になります。

 

 この脱皮中は人間の集合魂を守る地球の防御が消え、根源的虚無に飲み込まれやすくなります。おもいがけず、道や悟りが訪れたようなものでしょうか?エゴに囚われていると、エゴ力も強くなり、肉体、感情や思考などの身体がこれに耐えきれずに破壊されることがあります。自壊も外部的な破壊もあります。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

宇宙と契約

 「エネルギーの交流」を回復させるだけだと普通のヒーリングレベルなので、もう1~2歩踏み込んでみます。

 

 まず、このエネルギーのやり取りに「搾取」というか、消費税みたいなものがついて回ります。本来の交流の60%が宇宙維持とか様々な理由をつけて強制徴収されています。これは、本当に必要のない税金なので、支払いを停止させてみましょう。

 

 宇宙は全て契約と同意でできています。ただ、人間の宿痾というか「自ら同意したことを忘れる」というスーパー鳥頭であり、そして、不平等な契約にもホイホイ同意してしまう愚か者です。しかし、「契約を改定したい」と意図を持つならば、然るべき機関に然るべき方法で、提訴することができます。

f:id:satorikinesi:20171213164448j:plain

 

プロトコル「契約改定を提訴」

  9次元にある地球地方裁判所に、集合魂が記憶している契約内容を提出します。その改訂内容が妥当な場合、守護霊や守護神、集合魂が連名をしてくれます。

  その主張が通ることも通らないことも。カルマ(経験上の負債)が多く残っていると、まず受け付けてくれません。

 

 f:id:satorikinesi:20171213164101j:plain

 うーん、ちょっとこの内容、秘儀に近いですね。提訴先とか契約内容とか。基本、やり方さえわかれば誰でも提訴できるんですけど、エゴに基づいた意味のない提訴を乱発させるのは、いささか迷惑すぎるというか。

 

 「経験」か「悟り」の契約を修正したいときに、ピンポイントでこのプロトコルを使うのがベストのような気がします。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

富とは黄金にあらず。日々の経済活動による生産物なり。

昔の偉い人はいいましたが。

 

 お金の問題を個人だけで解決するのは無理です。エネルギーの交流が「お金」だからです。

キミのお金はどこに消えるのか 第六話|井上純一|note

 

 その仕組みをうまくゲーム化した、良いボードゲームがあります。

双申(株) トータルゲーム

スパ帝国 ナショナルエコノミー

 f:id:satorikinesi:20171211145407j:plain

プロトコル「エネルギーの交流の痛みと拒絶」

・エネルギーの交流ができない身体を特定する。

・痛みの特定。

・痛みに伴う態度を特定する。 

・お金を貯め込む、という執着の解放。

 

 ある「痛み」が(ほぼ)すべての身体次元の交流を拒絶します(痛みに伴う態度参照)。重症になればなるほど小宇宙が閉じてエネルギーの交流がなくなってしまい、「貧しくなる」という状態に陥ってしまいます。不況や恐慌は、多くの人たちが同時にその病気にかかっています。

 

<痛みに伴う態度>

1.痛みに心をとらわれる。
 自分が無能であるという感情に囚われ、その結果、与えようとしない、絶縁する・切断するという状態がもたらされる。

5.社会生活から身を引く。
 低い自己評価や競争を恐れることにより、社会的活動から周期的に身を引く。

9.さらなる苦痛を恐れて、制限を増やしていく。
 また傷つけられることに対する恐れを伴った一人ぼっちになることへの不合理な恐れ。これにより身動きが取れなくなり、ますます制限が増えていく。

10.失敗の予期と悲観的なものの見方。
 人間関係における悲観論と人生一般に対する運命論。こういったものは、変わる意欲がないことに基づいている。

12.痛み以外の問題を全て否定する。
 過去に拒絶されたり、未来に拒絶されることへの恐怖をもとにした感情的痛みに、病的なまでに心をとらわれる。そして、積極的行動を起こすことに対する責任を取ることを拒否する。

13.引きこもり、避け、逃げる。
 痛みを引き起こしたり持続させていることに対する責任を否定して、それは、痛みそのものを否定することに及ぶことがある。自分は悪くないということから、自己を環境の犠牲者として受けとる。

14.他人を操作するために使われる痛み。
 意志の伝達、コミュニケーションの代わりに操作。直面することを避けるためなら、どんなことでも。

 

 痛みに伴う態度は分離感のストーリーです。心を閉じて与えようとしないと、あなたは「豊かさ」からどんどん分離していきます。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

信用

 5次元のエリアに「信用」という領域があります。これが本質的な通貨です。信用のあり方は、閉じた小宇宙(=小ダマ)が別の閉じた小宇宙(=別の人間や地球、宇宙など)に対して、与えた分だけ増えます。

 …なんというか、仏教で言うところの布施や徳とほぼ同じです。

 

 一般的に勘違いされていますが、この「徳」いくら積んでもカルマが減りません。また、悪徳をいくら積んでもカルマに影響ありません。小ダマが元ダマに吸収されるとき(=死ぬ時)にチャラになります。6次元のカルマは「執着」が基準になっていることです。何かに執着しすぎたか、何かに執着すべきときに執着できなかった後悔がカルマに記載されます。なので、徳を積むことに執着しすぎるとそれもまたカルマになります。

 

f:id:satorikinesi:20171209115709j:plain

 閑話休題

 

 さて、この信用なのですが、さらに現実界のお金とも連動していません。お金は支配者が支配をしやすくするために一方的に富が偏る仕組みを作ってしまったため、そのルールに従った人だけがお金をたくさん持てます。このへんは金持ち父さんあたりの著書が参考になるでしょう。

 

 じゃあ、信用とは何なのか何に使えるのでしょうか。それは「影響力」です。小宇宙同士は閉じているため、そのコミュニケートの対価となります。「あの人は信用できるから、頼れるし協力しよう。」とか「あの人は信用できないから、関わらない。」といった感じです。

 

 具体的な数値で調査です。

・一食を提供する。(1pt)

 これの価値が、本日の日本円で1400円ほど。お金と信用が等価だとエレガントな社会になります。

・JRが東京から新大阪まで新幹線での移動を提供 5pt

 形而上学的に見るなら、7000円くらいで提供できればgood、という見本です。

 

 この信用のエリアは「同格/生産的に」と「悲痛と罪の意識/破滅した」に対応していて、プラスが記帳されると5次元の左の領域に生産的だという感情が、マイナスのポイントが記帳されるたびに罪悪感と破滅の感情が記録されます。個人や会社や国家自治体の信用を調査すると面白いです。信用がなくなり「生産的」でなくなった時、「破滅」するからです。

 

f:id:satorikinesi:20171209115929j:plain

 豊かさの定義は「信用の有無」です。これは、日々の素朴な作業で信用を得て、日々の素朴な活動で影響力として利用するというサイクルになります。

 

 と、これだけだとヒーリングにならないので、豊かさに関しては後日プログラムにまとめたいと思います。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

あじまりかん

 お金の問題を解決できないかと追っかけ続けて、根が深すぎて心が折れそうです。お金周りには不条理や不平等が多すぎて。まとめきれるかなぁ。

f:id:satorikinesi:20171208200339j:plain

 結論から言うと「お金を増やすヒーリング」というものはないです。お金が入ってこないブロックを解放したり、仕事ができない問題を治したりはできますけど。全く問題や妨害がない状態でお金だけを純粋に増やすようなメソッドがないのです。 

 

 特定の言葉を唱えて、お金が手に入ったり運が良くなったりしたと感じたら、特定のエネルギーに飲み込まれたか、その術にかかってしまっています。具体的には、5次元の信用(=お金を司るエネルギー)を無理やり増やされた挙句(これ自体が境界侵犯)、6次元の元ダマのエネルギーを対価に取られます。例えて言うなら、3万円をもらって生命を差し出すようなものです。

 

・自然霊(稲荷、龍神、井戸霊(龍神の一種)、天狗、木霊、精霊(妖精)、妖怪、悪魔)
・動物霊(狐、狸、犬(狼)、イタチ、猫、猿、牛、馬、蛇、蟲(虫))
・宗教霊
・宇宙人(グレイなど)

 

 このへんのエネルギーの多い集合魂は「祟り/ご利益」のラインで動いています。疑いや足抜けをしようとすると、ねちっこく祟ってきます、ホントに関わらないほうが吉です。関わってしまった場合は、より上位(7~10次元)のご加護を頼むしかありません。そして、「取り返す」という宣言をする必要があります。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]