さとりきねし

当サロンは、悟りに特化したキネシオロジーセラピーを提供します。

断る自由、自由に断る

 本質的エネルギーが不足する人間の特徴として、「認知が歪む」という病理を発症します。例えば、他人が成功する=劣等感を感じる、被害者意識を感じるなど「隣の芝生は青い」というのは、典型的な認知障害ですね。だって同じ青さなのですから。「自分がやればロマンス、他人がやれば不倫」や「他人の万引きは凶悪な強盗だが、仲間達の万引きは良い万引き」みたいな内容をブログやツイッターだけでなく、新聞やニュースでもよく見かける、全くもって世も末です。

 

 思い込みの強い人間は人類のおよそ7割で、4割は病的なレベルです。多少マシな人でも、ほとんど妄想で感じ妄想で考え妄想で行動し、自由を楽しんでいると錯覚しています。

  

f:id:satorikinesi:20171019064451j:plain

  さて、本題です。

 

・自由にやりたいことをやる

・自由にやりたくないことを断る

 

 自由の本質は、何かを払うこと(=やりたいこと)より、何かを受け取らず払わないこと(=やらないこと)に現れやすいといえます。

 

 自由への真摯度を測る方法として、例えば、

・遺伝子組み換えや殺虫剤や除草剤まみれの食材を完全に拒否できるか?

東京電力が許せないと思うなら、電気使用を完全に拒否できるか?

・親の支配が嫌なら、お金や意見を全部拒否できるか?

法人税所得税、消費税、固定資産税、年金健康保険、NHK受信料など、税を一切払わずに拒否できるか?(今の日本の実質の税率が何公何民になってるか計算してみると、状況の悪さが見えます。)

 

 原発反対なら、原発反対派に一票を入れることが自由ではなく、原発で発電した一切の電気を拒否しなくてはなりません。それが認知が歪んでいない正常な状態で、それがほんとうの自由です。親に食べさせてもらいながら、親の批判をしていいのは中学生までです。原発の電気で印刷した新聞やポスターに何の価値もないのです。

 

 意思や意図なくして自由はありません。また、根源的恐怖の一種、分離感と向き合うことになるので、易しい道でもないのです。 

 

プロトコル「自由に断る」(元ダマレベル)

構造機能の自動的回避のタイプも判定。

 Aタイプ「私は本性として、ストレスのもとでは要求を聞き入れがちです。」

 Cタイプ「私は本性として、ストレスのもとでは要求を拒みがちです。」

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

ごはんが食べられないバカは見たことがない

 よもやま話を。

f:id:satorikinesi:20171017085541j:plain

 どんなに底辺であってもできることがあります。「ご飯を食べる」「子供を作る」「お金を借りる」ことで、これができない人間は見たことがありません。

 

 ご飯を食べるというのは、生活費を稼ぐという意味ではなく、文字通り口に食べ物を押し込むことです。

 

 男女がいて性的に不能でない場合、繁殖ができないケースもみたことがありません。

 

 お金なくして生存ができないので、借金ができないと即死です。地球では公的に私的にお金を貸してくれる優しい人()には事欠かないので、お金を借りれない人というのもまずいません。

 

 ほぼここが人間の最低ラインです。このレベルだと、まだ猫や犬やゴリラのほうが文化的な様態をしています。そして、地球人類の6%がこの段階でとどまっていて、12%がこれに毛が生えたような生活をしています。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

ディセンション足切りライン

 分割自我復元の自我率は、裏っ返すと不具率とも故障率とも読めます。

 

自我率1/8=不具率87.5%

自我率2/3=不具率33.3%

自我率11/12=不具率8.3%

 

 自我率11/12なら充分じゃんと思っても、故障率8.3%は車やパソコンに例えたらジャンク扱いです。私だったら絶対買わないレベルです。(と書いてたら、掲示板261に同様の例えを見つける。)

 

 

 

 それとは別に、「選択率」という考え方も導入してみました。

・やりたいことをやる。

・やりたくないことをやらない。

 という、人間の「選択」の持つ基本的尊厳です。

 

 f:id:satorikinesi:20171015024231j:plain

  また、それを「選択」した理由を、十二分に納得できている、消化しているという基準でもあります。

 

 例えば、私は風邪で漢方薬局に行き、小柴胡湯を処方され飲んでいます。これの選択率は0%でした。理由として、小柴胡湯がベストだと信じるに足る根拠が自分の経験や知識にない、人に説明できない。(小柴胡湯より適切な薬があるのかも。)飲み続けて、若干効果に疑問があるにも関わらず、それでも症状に効くものだという思い込みを続けている。そもそも、漢方がベストなのか、薬が必要なのか、そのへんも思い込みの範疇を脱していない。などなど。

 

 桜の間で、トラウマ掘りの報告をたくさん読みました。事故などのトラウマは別として、親、先生との関係におけるトラウマというのは、「選ぶ力」の放棄が起こったということです。

 

・やりたくないことをやらされた。

・やりたいことをやれなかった。

 

 これは、それを拒否しなかった(=受け入れてしまった)という、本質は自己虐待です。スリーインワンの「選ぶ/選べない」のバロメーター、上級コースの「GREED, GUILTY AND "GOD"(強欲 罪の意識と「神」)」や「THE CHILD AS THE PARENT(親としての子供)」のコースの考察が役に立ちます。

 

f:id:satorikinesi:20171015025721j:plain

  さて、本題。分割された自我のポンコツ現代人間は、正直ゴミです、ジャンクです。宇宙的に見ると即破棄処分してもいいレベルです。とはいえ、全部捨てるほどでもない、という基準(目安)があり、こんな式で表されます。

 

自我率×選択率=6%

 

 おおよそこの6%に達すれば、地球に残す価値ありと見なされます。つまり、自我率が1/2なら選択率を12%、自我率1/3なら選択率18%を維持できれば。例え自我率1/10でも、選択率60%を維持できる存在ならば地球に残れます。

 

 というか、この足切りライン厳しすぎです。某20年後世界人口は半分になるでは最悪8割のディセンションすると厳しい予想を立てていたのもわからなくもなく。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

自我

 近況を。熱を出し寝込んでました。その後に胸と喉と鼻から大量の汁が。浄化と言うか。症状がなかなか終息しなくて苦しんでいます。

 

 エゴとはなんぞや、ということを追求していったら、こちらにたどり着きました。

桜の間:[1] ★分割自我復元★その1★『概念の確認』

 

f:id:satorikinesi:20171014042123j:plain

 そして、鈴木崩残さんの分割自我復元DVDを入手。測定してみると、私が1/4、妹が1/10でした。数値低いな~。分割率のような数値判定とキネシは相性が良いですね。セルフで自我回収はじめました。

 

 そして、この分割自我復元をプロトコルに組み込めないか、試行錯誤中です。風邪から回復したらぼちぼちと。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

エゴと自己投影

 バーナデット・ロバーツの「自己」のページを読み直し中。エゴの解放について手がかりを探して。

 

・知る自己

 心に「自らを投影する」機能がある。この自律的な心の機能のおかげで、初めて心は自らを認識できる。この機能によって心が自らを「対象」として認識し、意識の領域では「主体」が「対象」と一致する。意識の世界では、常に「自ら(主体)」が「対象」になる。つまり、「自己」「主体」の正体とは心が自らを対象として見ているもの。

 

 感覚は、単に外的な環境に感応しているに過ぎないもの。見たり聞いたり触ったりできる外的な環境。

 

 問題となるのは、「意識」の対象(自己)を「感覚」の対象とごっちゃにしたにしたときに生じる。投影機能のフィルタを介して入ってきたすべての外的な感覚情報に心が誤って「主体」の印を押してしまったことにある。心の投影機能が働いている限り、私たちはこの2つを完全に区別できない。その機能が停止したとき、初めて違いが明確になる。

 

・感じる自己

 五感や肉体エネルギーと結合していない「生の感覚」。深遠なる生の感覚は意識や存在の主軸をなす。

 

 この「知る自己」と「感じる自己」という二つの側面が意識を完成し、自己として体験することをすべて生み出している。

 

・自己の成り立ち

 最初に肉体エネルギーがあって、それから投影機能が働き、このエネルギーを自分のものと認識する。この認識を境に、肉体エネルギーと意思や精神エネルギーが分離される。このエネルギーが認識の構造に浸透して、思考や行動に活力を与える原動力が生じる。

 

・自己の超越

 自己を超越したいと思って、感情や構造を修正しようと努力しても徒労に終わる。脳の自動的で意図的に制御できない投影機能が働いている限り、「知る自己」も留まり、「エネルギーを経験すること」も継続し、「感じる自己」も生き続ける。自己の消滅は外部的な力に委ねるしかない。

 

 自己が自らを没することは不可能であり、意識あるいは自己が自らを葬り去ることができると考えるのは矛盾している。

 

 未熟なままで人がこの投影機能を破壊することは、どんな破滅行為よりも危険。しかし、いつ来るともしれないその時が来れば、投影機能は自ずと停止し、自己を必要としない生に道をゆずることになる。

 

 f:id:satorikinesi:20171009051655j:plain

 プロトコル「投影機能を停止する」(肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体、因果律)

 投影機能は脳(肉体)だけに仕掛けられているのではなく、他の体にもプログラムされている高度な機能。

 

 厳密にチェックし、不要な解放はしない。エゴが壊れ、発狂する恐れがある。停止ではなく、低下(現在を100%)でもいい。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

「飢え、満腹、排泄」という輪廻

 宇宙にありとあらゆるものに、以下のプログラムが設定されています。

 

1.空っぽになる、飢えが発生する

2.満タンになる

3.排泄する

 

 肉体はわかりやすいですね。食事、性欲などなど。エーテル体(気など)やアストラル体(感情、愛情など)もメンタル体(知性、情報など)も飢えたり満腹になったりします。断捨離が流行りましたが、家の中を整理するのはエーテル体の排出にあたります。コーザル体が飢えるということは真実が不足していると同義ですし、元ダマや集合魂は経験に飢えています。地球も宇宙もこの仕組みに飲み込まれており、これが止まらない回転・動きを作り出しています。

 

 この基本的なシステムのチェックがまず必要で、これが壊れていると、飢えて壊れるか、食いすぎて壊れるか、排出できなくて壊れるかで生物として正常に活動できません。

 

プロトコル「飢え、満腹、排泄」(すべての身体のレベル)

意図「生存のシステムを正常化する」

 

 身体レベル(肉体~コーザル体)やチャクラや五行でチェックすると何が問題になっているかわかります。

 

f:id:satorikinesi:20170930134003j:plain

 この3システムは我々を宇宙に閉じ込めている基本プログラムで、このプログラムを「意図的に」破壊すると覚醒できる可能性が出てきます。百日回峰行のような一睡もしないや断食や、性を使わない(=排出しない)、が修行として成り立つのです。これは逆の言い方をすると、ひたすら寝続ける、ひたすら食べる、ひたすら性欲を発散する、でも覚醒が可能です。当然、ちょっと気持ちよくなったらやめるとかそんなやわなことではなく、寝続けて苦しくくなりそれでも寝続けてそれでも寝続けて寝続けてと。達磨大師も9年程度座っていたので、どんな人でも9年ほど本気で寝れば文字通り涅槃の境地にはたどり着けるのです。

 

プロトコル「飢え、満腹、排泄の苦を受け入れる」(すべての身体のレベル)

意図「苦の先の領域へ進む」

 

 まだ、臨床前なのですけど、このプロトコル不食アレルギーに影響を与えそうです。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]

お腹が空いているのに食べるものがありませぬ(´・ω・`)

 長岡への強行出張で過度に消耗してしまい疲労困憊中。お腹が空いているのに食べるものがありませぬ(´・ω・`)。冷蔵庫に食べ物がないというわけではなく、エネルギー補充できるものがないのです。

 

f:id:satorikinesi:20170928115757j:plain

 

 生きとし生けるものには肉体だけでなくエネルギー体があります、植物にも動物にも。命をいただくことによって、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体のエネルギーも同時に消化しています。

 

 肉食に反対する人たちは「屠殺時の動物の恐怖のエネルギーを一緒に食べてしまうから」という主張をしています。同様の趣旨で正規の手順に沿った屠殺(ハラール)以外食べてはいけない、と言うのはなかなかエネルギー的に高度なレベルです。

 

 閑話休題。では、カロリー(肉体)があって、エネルギー体がない食べ物とは?

 

1.腐敗寸前、長時間保存

 コールドサプライチェーンが整備され冷蔵庫が普及し、滅菌や保存料などの技術が進化した現代、物質を長時間保存する事ができるようになったのが災いに。

 

2.農薬や抗生物質などでエネルギー体が摩耗している

 薬の多くは生命全体の調和に合致しません。そしてこのご時世、薬にかかわらなかった動植物を探すのは至難の業です。

 

3.遺伝子組み換え

 遺伝子操作された動植物は本質的に弱くなります。本質的というのは、エネルギー体が弱いということです。

 

f:id:satorikinesi:20170928115510j:plain

 エネルギーの摩耗した食材を食べ続けることにはリスクが有り、どれだけ食べても気力が回復しません。ということは、カロリーばかり取りすぎてしまうことです。つまり、肥満が増えます。

 

 エネルギー補給に鉄板の食材があります。それは「生卵」。生卵に醤油を少し垂らし、そのまま飲みます。映画から「ロッキー方式」と名付けました。そういえば、チベット体操でも「毎日1回、生卵の黄身を食べること。食前か食後に摂取する。」って書かれてましたね。

 

 

 別のアプローチから。

 

 風邪を引いたときの作ってもらったお粥やプロの料理人の食べ物が美味しい理由は、「気がはいっている」からです。気の正体はエーテル体で、最低でも佛師が石像に魂を吹き込む程度の集中力が必要です。当然、大量生産のコンビニ弁当やハンバーガーにはできない芸当です。食育の一環として親が料理をしたほうがいいのも、エーテル体観点から見て当然と言えます。

 

ps.

 そういえば、長時間保存した食べ物でもあるにかかわらず、エネルギーが再充填される奇妙な食べ物があります。それは「漬物」です。発酵という力は、まさに微生物を最大限活かした芸術と言えます。魔術と言っても言い過ぎではないかも。

 

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]