さとりきねしブログ

当サロンは、キネシオロジーによる多層多次元の身体への癒やしを提供します。

眠り、眠気

f:id:satorikinesi:20180327075753j:plain

 エーテル体は魂魄ともいい、3次元の肉体と5次元のアストラル体やメンタル体やコーザル体を支える「気」です。眠い、眠気というのは、エーテル体が消耗したときに起こります。肉体は疲れているのに目が冴えて寝れない、というのは、エーテル体(気力)が疲労していないからです。稀によく聞く話ですが、全く寝ない人というのは「エーテル体を一切無駄にしていない」のです。

 

 エーテル体がOFFになると、肉体と5次元の身体が擬似的に分離するので、死の状態に近くなります。

tocana.jp

suiminkaigi.jp

 寝ても目が覚めている状態を、カスタネダは「夢見」といいました。これを行うためにはエーテル体の消耗は厳禁です。そして、この時の自分の中心は、感情でも思考でもない真我(コーザル体)でなければなりません。

 

 エーテル体を消耗しない方法として、(左脳的な)右の身体の認識を停止することがあります。前回「言葉の支配力からの解放」を扱いましたが、言葉は気力を大変消費します。同様に認識の停止の一環として、ペルソナ(仮面)を止めるの方法があります。自分や他者、あらゆる物体の名前や立場、役割、過去など、本質的に関係がないものを止めることです。

 

 当然、エネルギーコードなど論外です。魔術師のメソッドをよく読むと、だいたいこのようなエネルギーの無駄の破棄に行が集中しています。

 

にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり] 人気ブログランキング[キネシオロジー]