さとりきねしブログ

当サロンは、キネシオロジーによる多層多次元の身体への癒やしを提供します。

もうだいじょうぶヒステリー

 「ヒステリック」という旧来からの表現があります。発作的な興奮状態を指し、本人も周囲も手に負えないのが特徴でしょうか。

 セッションにおいて、こういう制御が効かない状態の方がたまに発生していたのですけど、ほぼ女性です。一応、男性にもこういう状態は起きるのですけど、キネシの判定だと99%が女性と出ます。

http://hidic.u-aizu.ac.jp/result.php?tableName=tango&word=hysteric

(語源) ラテン語 'hystericus' ← ギリシャ語 'hystericus' から派生。'husterā'(子宮)に由来する。ヒステリーは子宮の変調によって引き起こされる女性特有のものと信じられていた。

 

 ご本人がヒステリックで悩む、というのも当然あるのですけど、ご家族(母など)のヒステリーに巻き込まれて消耗してしまうというのも多く、それをどう解消したら良いか、を調査してみました。

 

----

 ヒステリックが起きている現象について

e-21.不調

 喉のチャクラは「知識」「記憶」と「感情」のつながりのチャクラです。その不都合でイガイガしているわけです。ですから、まずは胸のチャクラ(感情)を整理しないと喉がどうにもならないのです。

 道(覚醒)を求める人は自然にそれをやるのですが、通常はそれが分からず意識できずにイガイガだけが出てきます。この時点でマスターがいれば指導が入りますが、そうでなければ訊いてきたり探求がないと「風邪かな」「喉がイガイガする」でおさめてしまいます。

 そうしますとそこで止まってしまうといいますか、もう学びはなく、それ以上上にも行けませんし、却って不都合なことだけが残ってしまいます。例えば記憶障害とか記憶が曖昧になり、それが濃くなると認知症にまでいってしまいます。

 

10 喉のチャクラ

10 胸のチャクラ

 喉のチャクラのほうが優先度高い。

----

2-6.「家畜の印を消す」

 自分が家畜になってるから、怒りや悲しみが収まらない?

10

2-A.「こじれた性欲」

 ・2段階目:生命線を切るのリスト - 1.食べ物

  15 食べ物が手に入らない

  0 飢える恐怖

  ex-36.本当にエネルギーをとられている人

   本当にエネルギーをとられている人は、あまりそれを感じていない。

  6 痩せている

  10 太っている (過食傾向気味?)

 ・3段階目:苦痛と自我鏡像のイメージ。

   自己イメージが明らかに悪い。それが苦痛になる。

   10 外面を整えようとする傾向が強くなる。(服、化粧、宝飾、整形、ステータス)

 ・4段階目:病気と大人に成長できない。

  ヒステリックから、明確に病気が発生する。(難病などから調査)

  当然、大人に成長できない。忍耐力などがないなど。

  ヒステリックな女性の特徴やあるある行動|原因や対処法も解説します! | Smartlog

 

 この手のヒステリーは、捕食行動の一種?

15

 

2-1-5

[受け入れる/反感]
 適応できる 柔軟性がある/イライラした
[喜びに満ちた/敵意]
☆喜びにあふれて/拒絶され 奪われた
[調和 同調/麻痺]
 感受性のある/淀んだ
[ありがたい/苦い]
 甘露な/苦い ビターな

 

 家畜に過ぎないために、自分の性エネルギーも奪われ、食べ物の奪われた、ということに対して、イライラし、ありとあらゆるものを拒絶し、場が淀む状態。

 

 ヒステリックの定義で「過度の興奮に依る怒りや悲しみ」というのがそもそも間違いで、怒りは意欲に繋がり、本当に怒れる場合物事が動きます。そして、また、悲しみでもなく。正しい定義は「ありとあらゆるもの(自分と他人)の拒絶とイライラによる過度の停滞」かと。

----

 何に対してアプローチしなければいけないか。

5 本人
0 振り回される人

 本人が半分。

10 父
10 母

 0 そのもの
 10 自分の中の両親

  ヒステリックな上司などが対象の場合、自分の中にいるその人物を対象にします。

 

 代理ヒーリング?

10

 話をまとめます。

 

 例えば、Aさんの母がヒステリックで、Aさんがそれに困らされている場合、ヒーリング対象が以下の通りになります。

・Aさんの母(Aさんの中の)

 ソル体、ルナ体

・Aさん

 ルナ体、ソル体、ウェヌス

 

 先に、潜在意識での拒絶と無意識での停滞とあったので、アストラル体が出ていないのは順当かと。それよりも、ヒステリーの元凶は「父性と母性のエネルギー」のスイッチングです。

 それに対しての毅然とした対処というのは、まずやさしく受け止め(ルナ体)、その後にきちんと叱り(ソル体)、バランスを持って観る=慈悲(ウェヌス体)が必要になります。この3つの高次元のバランスのどれが欠けても、ヒステリックに対しては対処できないと見ていいと思います。

 

さとりきねしセッション申し込み

遠隔の受付は一時停止中(再開9/1予定)、対面は受付中

にほんブログ村[ヒーリング] にほんブログ村[キネシオロジー] にほんブログ村[さとり]
人気ブログランキング[癒し・ヒーリング] 人気ブログランキング[キネシオロジー]